2019年12月12日木曜日

増大する中国のネット工作 それに対して米議会がバックドア設置を要求




市民の奮闘と国際的支援により
一応の民主派勝利となった香港騒動
この際にも 中共による大規模な
ネット工作が行われていました


ツイッターとFB、香港デモ妨害の
「中国関連」アカウントを削除

米ツイッターとフェイスブックは
、香港で続く反政府デモを妨害する
目的で情報操作に使用されていた、
中国政府とつながりのあるアカウントを
削除したとそれぞれ発表した。

両社は、中国政府の企てを
阻止するための措置だとしている。

ツイッターによると、「香港での
政治不和を生む」ために利用されていた
936のアカウントを削除したという

フェイスブックは、7つのページ、
3つのグループ、5アカウントを削除した

中国政府とのつながりを確認

これらのアカウントは、中国本土で
作成されたもので、「抗議行動の
正当性や政治的立場」を弱体化する
ための組織的な試みの一端だとしてている。

さらに、虚偽情報を増大させるために
作成された、20万もの別のアカウントに
ついて、「かなり活発」になる前に、
「先を見越して」凍結したという。

「わが社の徹底的な調査に基づき、
中国政府が支援する組織的な活動で
あることを示す、信頼できる証拠がある

香港での抗議行動に関連したメッセを
拡大させるために組織的に活動する、
大規模アカウントの集合体を突き止めた。

今後は、国の統制下にあるニュース
メディア組織からの広告は受け付けない

「こうした活動の背後にいる人物は、
自分たちの身元を隠そうとしていた。
しかしわが社の調査で、中国政府と関わり
を持つ複数の個人とのつながりを確認した」

今回のアカウント削除の措置に先立ち、
ツイッターは、同社のスポンサー投稿権の
購入を、中国国営・新華社通信に認めた
ことをめぐり、激しい批判にさらされていた
/BBCより

かつて こうしたSNSの治安はもっと酷くて
最悪のケースとしては テロ組織の武器取引に
利用されたといったものまでありましたし
乱射事件の遺族から 犯人の行動を助長したと
裁判を起こされたこともありました

もっとも最近は この工作系アカウントが
削除されたように管理も かなり厳しく
なってきています

しかし 政治などへの影響の大きさ
から米国では更なる方策を求める声が
上がっています

長文ですので 要点をまとめておきます

米議会がアップル FBにバックドア設置を要求

アップルとフェイスブックの代表者は
ワシントンで開催された上院司法委員会に
出席した。
暗号化されたデータに合法的にアクセス
できるバックドア(裏口)を設けるよう
要求している米上院議員らに対応するためだ。

議会側の言い分
「犯罪捜査の妨げとなるため、企業は
裁判所の許可のもとで司法当局が利用
できる特別なアクセス方法を設けるべきだ

すぐに行動を開始すべきだ
なぜなら、来年の今頃に適切な方法が
見つかっていないようなら、我々の
要望を通すことになるからだ」

米国政府は長らくこう主張してきた。
テクノロジストたちは、バックドアを
作れば、デジタル・セキュリティの
弱体化を招いてしまうと述べている。

アップルの証言
「善良な人だけが利用可能なバックドアを
作る方法は、現時点では見つけられていません」

フェイスブックの証言
何十億人のユーザーを持つFBメッセンジャーや
ワッツアップの暗号化されたメッセージへの
アクセス権限を司法当局に与えるつもりはない
cdn.technologyrevieより


バックドアというのは ハックで多用される
システムにこっそりとつけられた入り口で 
これがあれば ハッカーは好きな時に
出入り(ハッキング)が可能となります

一ユーザーの証言
最後に 自分もSNSユーザーですから
ちょっと証言したいとおもいます

ここのところ SNSの管理は厳しくなる
傾向でむしろ煩くなっていますね 
特にユーザーに不評の"言葉狩り"では 
自分も一方的に差別表現したと決めつけられ
FBで 一ヵ月ブロックや垢バン 
ツィッターで垢凍結を食らいましたw

その意味では 運営に恨みや怒りが無いと
いえば嘘になります Sine!
しかし 国家の干渉となるとまた難しい
問題だとも思います

更にアップルの言った"善良な人だけが
利用可能なバックドアは存在しない"
この点も重要です


例えば FBIの中にさえ中国人の工作員が
入り込んでいました
つけられたバックドアが もし彼らに
悪用されたら?
アメリカのために作ったバックドアが 
米国攻撃に用いられるかもしれません
その懸念もあると思います


記事を見た方は↓ポチッ お願いします
にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング



当サイトのプライバシーポリシー

怪しげなサイト

↓ このサイト  socialmediascanner.eset.com ここからのアクセスが急増しているが 一応 表向きはサイト保護を謳っている しかし 実態はユーザーやアクセス監視を 目的とした 覗き屋だ しかも ここからのアクセス...